キルメナム協定(読み)キルメナムきょうてい(英語表記)Treaty of Kilmainham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルメナム協定
キルメナムきょうてい
Treaty of Kilmainham

1881年アイルランドの土地同盟の指導者 C.パーネルらがダブリンのキルメナム牢獄に入れられたとき,第2次 W.グラッドストン内閣との間に結んだ妥協的協定。これによりアイルランド土地法を小作農に,より有利にする立法が出され,パーネルらは 82年5月釈放され,グラッドストン内閣は暴力主義的な運動を押えるために努力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android