コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キレエフスキー兄弟 キレエフスキーきょうだい

1件 の用語解説(キレエフスキー兄弟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キレエフスキーきょうだい【キレエフスキー兄弟】

ロシアの貴族の出身。兄イワンIvan Vasil’evich Kireevskii(1806‐56)はスラブ派の代表的な哲学者。1820年代半ばV.F.オドーエフスキー公爵の〈愛智会〉でシェリング哲学を学び,ドイツロマン主義の影響を受ける。30年にドイツ遊学,シェリング,ヘーゲルらと交遊。32年に雑誌《ヨーロッパ人》を主宰して巻頭論文《19世紀》を書き,キリスト教世界としての西欧とロシアとの一体化を説いたが,この欧化主義立憲主義と解釈した当局により,雑誌は2号をもって停刊,本人も蟄居(ちつきよ)を命ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキレエフスキー兄弟の言及

【スラブ派】より

…ナポレオン戦争後の民族主義とドイツ・ロマン主義の影響のもとにはぐくまれ,直接的にはチャアダーエフの《哲学書簡》(1836)をめぐる論争の過程で形成された。この派のおもな思想家はキレエフスキー兄弟,A.S.ホミャコーフ,アクサーコフ兄弟,サマーリンYurii Fyodorovich Samarin等で,彼らの論敵は西欧派と呼ばれた。1840年代の初頭から50年代にかけて,二つの陣営は西欧とロシアの文化的特質,ロシア文化の自立性,世界史の中でのロシアの役割等の問題に関して,各種のサロンを中心に議論をたたかわせた。…

※「キレエフスキー兄弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キレエフスキー兄弟の関連キーワードアクサーコフダルゴムイシスキーツルゲーネフナボコフフォンビージンブーニンブローク兄いイワンの馬鹿ロシアの恋人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone