コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンバリー岩 キンバリーガン

岩石学辞典の解説

キンバリー岩

斑状で,K, H2O, CO2に富む角礫化した黒雲母橄欖(かんらん)岩で,多少蛇紋岩化作用および炭酸塩化作用を受けている.変質した橄欖石,ブロンツァイト,クロム透輝石,金雲母などからなり,クロム─チタン鉄鉱,ペロブスカイトなどを伴う.パイロープ石榴石やジェダイトなど高圧鉱物が特徴的に含まれる超塩基性岩や塩基性岩をノヂュルとして含んでおり,ダイヤモンドが含まれることがある.岩脈,岩床,パイプなどの形で,角礫岩,凝灰岩や塊状岩として産出する[Dawson : 1967].塊状のキンバライトはワグナーが玄武岩質と雲母質に区分した.玄武岩質型の平均分析値ではK2Oは非常に少ない[Wagner : 1914].ルイスが最初に南アフリカキンバリー(kimberley)地方のダイアトリーム(diatreme)や岩脈の含ダイヤモンド黒雲母角閃岩をキンバライトと命名した[Lewis : 1887].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

キンバリーがん【キンバリー岩】

ダイヤモンドや橄欖かんらん石岩の塊を含む噴出岩。南アフリカのキンバリー地方などに特徴的に産する。キンバーライト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

キンバリー岩の関連キーワードグロスパイダイトニューランズ岩キンバリー地方ペロブスカイトハルデバンクメイメカ岩グリクァ岩ジェダイト橄欖石角礫岩パイプ青地塊状

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android