コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーパンチャー keypuncher

翻訳|keypuncher

大辞林 第三版の解説

キーパンチャー【keypuncher】

入力機器によってデータの入力を行う人。もともとは、キーを打ってコンピューターの入力カードに穴を開ける係の人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キーパンチャー
きーぱんちゃー
key puncher

穿孔(せんこう)カードにデータをパンチする穿孔作業をする人、またその職業をいう。コンピュータへの情報の入力媒体が穿孔カードから磁気テープやフロッピーディスクにかわり、オンライン端末から直接データを入力するケースや大量のデータ入力に文字読取り装置などが使われることが多くなったため、キーパンチャーの数は激減した。[大野義夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキーパンチャーの言及

【頸肩腕症候群】より

…長期間にわたって,一定の姿勢が強制されつつ,上肢を反復して過度に使用する労働で発生する職業性の健康障害。1960年代に,キーパンチャー,タイピストなどの打鍵作業に従事する労働者の間に多発したのが始まりで,以後,スーパーマーケットの会計機取扱いの労働者の間にも発生した。機械を使用しない職種でも,前かがみの姿勢で作業を続けたり,重量物を扱う場合,ベルトコンベヤ作業で作業密度の高い組立作業を行う場合や保母の労働など,上肢を過密な頻度で使用する作業でも発生している。…

※「キーパンチャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キーパンチャーの関連キーワード鈴木 いづみ頸肩腕症候群パンチャー頸肩腕障害頸腕症候群穿孔カードけいれん派遣労働穿孔機神経痛

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android