コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギゼー ギゼーGizeh

5件 の用語解説(ギゼーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギゼー(Gizeh)

ギザ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ギゼー【Gizeh】

ギザ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギゼー
ぎぜー
Gizeh

エジプト北部、ナイル川左岸にある都市。ギゼー県の県都。カイロの南西5キロメートルに位置する。ギザGzaまたはエル・ギザEl-Gizehともいう。人口222万1817(1996)。農産物の集散地であったが、カイロの人口膨張によりその衛星住宅都市となった。また1970年のサダト政権発足以降の工業化政策で、南東のヘルワンとともに工業都市として発展し、化学、セメント、綿織物、じゅうたん、たばこ、食品加工などの工業が立地する。1年を通じ北風が卓越するので、カイロに大気汚染を及ぼさない。西郊の砂漠の台地には、クフ王、カフラ王、メンカウラ王の三大ピラミッド、六つの小ピラミッド、スフィンクス、第5王朝の貴族のマスタバなどがあり、世界中の観光客を集めている。このピラミッド群は1979年世界遺産の文化遺産に登録された。カイロからバスと鉄道の便がある。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone