コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギゼー Gizeh

百科事典マイペディアの解説

ギゼー

ギーザ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ギゼー【Gizeh】

ギザ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギゼー

ギザ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギゼー
ぎぜー
Gizeh

エジプト北部、ナイル川左岸にある都市。ギゼー県の県都。カイロの南西5キロメートルに位置する。ギザGzaまたはエル・ギザEl-Gizehともいう。人口222万1817(1996)。農産物の集散地であったが、カイロの人口膨張によりその衛星住宅都市となった。また1970年のサダト政権発足以降の工業化政策で、南東のヘルワンとともに工業都市として発展し、化学、セメント、綿織物、じゅうたん、たばこ、食品加工などの工業が立地する。1年を通じ北風が卓越するので、カイロに大気汚染を及ぼさない。西郊の砂漠の台地には、クフ王、カフラ王、メンカウラ王の三大ピラミッド、六つの小ピラミッド、スフィンクス、第5王朝の貴族のマスタバなどがあり、世界中の観光客を集めている。このピラミッド群は1979年世界遺産の文化遺産に登録された。カイロからバスと鉄道の便がある。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギゼーの関連キーワードメンフィス(古代エジプト)総合年表(アフリカ)トゥトメス(4世)ラムセス(2世)アブ・シンベルエジプト科学エジプト美術スフィンクスピラミッドエル・ギザピートリーエジプト史アビドス七不思議マスタバ土木技術ペトリー金石文クフ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android