コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョクシンカ Tarenna gyokushinkwa Ohwi

2件 の用語解説(ギョクシンカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギョクシンカ【Tarenna gyokushinkwa Ohwi】

温暖地の常緑樹林下に生えるアカネ科の日本特産の常緑性低木(イラスト)。花はたいへん美しいが,栽培がむずかしいためか,とくに利用されることはない。茎は直立し高さ1~3m。葉は楕円形,長さ9~20cm,窒素固定をする葉粒バクテリアが共生し,菌粒ができることがある。花は茎の先端に集まって大きな散房状となり,3~7月に咲く。花冠は純白,筒部は長さ6mm,反曲する裂片は4~5枚,長さ9mm。花柱は棒状で長くつき出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギョクシンカ
ぎょくしんか / 玉心花
[学]Tarenna gyokushinkwa Ohwi

アカネ科の常緑低木。高さ1~3メートル。葉に葉粒バクテリアによる菌粒があり、空気中の窒素を固定する。花序は散房形、花は純白、3~7月に開く。九州南部から沖縄に分布する。ギョクシンカ属は約100種がおもにアジアアフリカの熱帯に分布する。近縁属にはサンタンカIxora、キダチハナカンザシ属Pavettaなどがあり、前者には観賞植物があり、後者には乾葉を窒素肥料として利用するものがある。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone