コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョクシンカ Tarenna gyokushinkwa Ohwi

2件 の用語解説(ギョクシンカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギョクシンカ【Tarenna gyokushinkwa Ohwi】

温暖地の常緑樹林下に生えるアカネ科の日本特産の常緑性低木(イラスト)。花はたいへん美しいが,栽培がむずかしいためか,とくに利用されることはない。茎は直立し高さ1~3m。葉は楕円形,長さ9~20cm,窒素固定をする葉粒バクテリアが共生し,菌粒ができることがある。花は茎の先端に集まって大きな散房状となり,3~7月に咲く。花冠は純白,筒部は長さ6mm,反曲する裂片は4~5枚,長さ9mm。花柱は棒状で長くつき出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギョクシンカ
ぎょくしんか / 玉心花
[学]Tarenna gyokushinkwa Ohwi

アカネ科の常緑低木。高さ1~3メートル。葉に葉粒バクテリアによる菌粒があり、空気中の窒素を固定する。花序は散房形、花は純白、3~7月に開く。九州南部から沖縄に分布する。ギョクシンカ属は約100種がおもにアジアアフリカの熱帯に分布する。近縁属にはサンタンカIxora、キダチハナカンザシ属Pavettaなどがあり、前者には観賞植物があり、後者には乾葉を窒素肥料として利用するものがある。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギョクシンカの関連キーワード蟻通雉の尾羊歯鞍馬苔稲森草栗葉蘭米茅数珠根の木蔓蟻通峠芝操の木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone