コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギレリス ギレリスGilel's, Emil' Grigor'evich

3件 の用語解説(ギレリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギレリス
ギレリス
Gilel's, Emil' Grigor'evich

[生]1916.10.19. オデッサ
[没]1985.10.14. モスクワ
ソ連のピアニスト。オデッサ音楽院でレイングバルトに,モスクワ音楽院でネイハウスに師事。 1933年全ソ・コンクールと 38年ブリュッセルイザイ・コンクールで優勝し,国際的に活躍した。近代的な抒情性にその特色をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ギレリス

ソ連のピアノ奏者。ロシアのオデッサ生れ。オデッサ音楽院に学びモスクワ音楽院でG.G.ネイガウス〔1888-1964〕に師事した。強靭な技巧で知られ,ロシア音楽のほか,ベートーベンなども手がけた。
→関連項目リヒテル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギレリス
ぎれりす
Эмиль Григорьевич Гилельс Emil' Grigor'evich Gilel's
(1916―1985)

ソ連のピアノ奏者。ウクライナのオデッサ生まれ。オデッサとモスクワの音楽院を卒業、1938年ブリュッセルのイザイ(現エリーザベト)国際コンクールで第1位となる。第二次世界大戦中はソ連国内で精力的な活動を続けていたが、戦後はもっとも早く西側諸国に演奏旅行を行い、ソ連の演奏水準が世界一流の域に達していることを西側の聴衆に知らせる役割を果たした。57年(昭和32)初来日。初めギレリスの卓越した演奏技巧が注目されたが、彼の本領は、雄渾(ゆうこん)で情熱的な表現より、むしろ叙情的な表現に適していた。プロコフィエフをはじめソ連時代の作曲家たちのピアノ曲の初演にも努めた。85年10月14日モスクワで没。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギレリスの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説フランツイリゴージェンオスメーニャ佐々木隆興芥川竜之介岩本栄之助エッケルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギレリスの関連情報