コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンゴケ Bryum argenteum Hedw.

2件 の用語解説(ギンゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギンゴケ【Bryum argenteum Hedw.】

人家の周辺で最も普通なカサゴケ科の蘚類。世界中に遍在し,南極大陸にまで分布しているが,大気の乾燥や汚染に対しても強い抵抗性を示し,大都市にも生育する。日本でも,人家の石垣,コンクリート,土の上をはじめ屋根の上にまで生えるが,山地にも多く,富士山の頂上にも分布している。植物体は小さく,銀色または白緑色で,密なビロード状のマットをつくる。茎は細く,高さ3~10mm,密に重なり,広卵形,先端部の細胞は葉緑体を欠き透明で,このために植物体が白く見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンゴケ
ぎんごけ
[学]Bryum argenteum Hedw.

コケ植物カサゴケ科の1種。低地の市街地から高山の山頂までの広い範囲にみられ、岩上、コンクリート上、地上などに群生する小形のコケ。高さ5~10ミリメートル、ほとんど枝分れをしない。葉は密に重なり合ってつき、広卵形、著しく中くぼみになり、先端部は細くとがる。葉の中ほどから先が灰白色のやや不透明な部分になるので、植物体全体が灰白色にみえることがあるが、葉の不透明部が狭いと緑色になる。名前はこのような色調からつけられたもので、シロガネマゴケともいう。茎の先のほうの葉の付け根には無性芽を多数つける。胞子体はときどきつける。ほとんど世界各地に分布しており、南極大陸でも主要な植物の一つになっている。国内でもきわめて普通で、都会地の歩道沿いから、富士山の山頂にまでみられるのは、無性芽が多くでき、繁殖が容易に行われるためである。日当りの強い所では葉の半透明部が広がり、全体が綿毛状になり、ワタゴケという変種になる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギンゴケの関連情報