コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアラ・ルンプル Kuala Lumpur

翻訳|Kuala Lumpur

世界大百科事典 第2版の解説

クアラ・ルンプル【Kuala Lumpur】

マレーシアの首都。マレー半島中西部,海岸より約30kmの内陸にある。1974年に連邦直轄地となるまでスランゴール州州都でもあった(現在は西郊のシャー・アラムShah Alamが州都)。市域面積243km2。人口114万5000(1991)のほぼ半数が華人で,とくに広東系が多い。周辺諸都市をあわせて国内最大の都市圏を形成する。近年マレー人の流入が増えている。 スズ鉱山開発の拠点として,1850年代に中国からの移民がクラン川とゴンバク川の合流点に集落をつくったのが町の起りで,クアラ・ルンプルとは〈泥川の交わる所〉の意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クアラ・ルンプルの関連キーワードキャメロン・ハイランズヤップ・ア・ロイスレンバンマレーシアイポー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android