コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアラ・ルンプル Kuala Lumpur

翻訳|Kuala Lumpur

1件 の用語解説(クアラ・ルンプルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クアラ・ルンプル【Kuala Lumpur】

マレーシアの首都。マレー半島中西部,海岸より約30kmの内陸にある。1974年に連邦直轄地となるまでスランゴール州の州都でもあった(現在は西郊のシャーアラムShah Alamが州都)。市域面積243km2。人口114万5000(1991)のほぼ半数が華人で,とくに広東系が多い。周辺諸都市をあわせて国内最大の都市圏を形成する。近年マレー人の流入が増えている。 スズ鉱山開発の拠点として,1850年代に中国からの移民がクラン川とゴンバク川の合流点に集落をつくったのが町の起りで,クアラ・ルンプルとは〈泥川の交わる所〉の意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クアラ・ルンプルの関連キーワードクアラルンプールマレー語マレー人マレー半島新嘉坡パーム油マラヤ連邦ペナン島馬来西亜マレーシアとフィリピン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone