コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クウェートリンブルク クウェートリンブルク Quedlinburg

2件 の用語解説(クウェートリンブルクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クウェートリンブルク(Quedlinburg)

ドイツ中部、ザクセンアンハルト州の都市。ハルツ山脈東麓、ボーデ川沿いに位置する。1949年から1990年にかけて旧東ドイツに属した。ドイツの盛期ロマネスク建築を代表する聖セルバティウス教会や、教会に隣接する城、14世紀から19世紀にかけて建設された旧市街の木組み造りの家並みなどが、戦争の被害を受けずに残っている。1994年に「クウェートリンブルク修道院聖堂、城と旧市街」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クウェートリンブルク
くうぇーとりんぶるく
Quedlinburg

ドイツ中部、ザクセン・アンハルト州の都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。ハルツ山地東麓(とうろく)、ボーデ川沿いの標高120~125メートルにあり、中世のたたずまいを残す。人口2万4100(2000)。922年にハインリヒ1世が要塞(ようさい)をつくって以来の古い町で、地主の館(やかた)ビラ・クウェートリンブルガとその城下の村クウェートリンゲンを起源とする。中世には市場町として発展し、19世紀には肥沃(ひよく)な農地を基盤に商業的種子生産が発達した。園芸のほか、精密計測機器製造が行われている。ハインリヒ1世と妻の聖マティルデが埋葬されている教会がある。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クウェートリンブルクの関連キーワードウェルニゲローデデッサウナウムブルク大聖堂マクデブルクナウムブルクウェルニゲローデ城ザクセンアンハルトシュタイナウターレデッサウベルリッツ庭園王国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone