コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クグ クグCyperus cyperoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クグ
Cyperus cyperoides

カヤツリグサ科の多年草。イヌクグともいう。西日本や伊豆七島など暖地の湿った草地に自生する。茎は高さ 30~80cm,葉は細く根生する。夏から秋に,茎頂に数個から数十個の円柱形で淡緑色の花穂をつけ,その外側に4~5個の葉状の包葉をつける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クグ
くぐ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクグの言及

【ヒメクグ】より

…果実は左右から強く扁平のレンズ形で,花柱には2個の柱頭がある。ヒメクグは日本全国と中国に分布するが,その基本変種であるタイワンヒメクグK.brevifoliaはほとんど全世界の暖帯から熱帯に分布する雑草であり,牧草になるし,根茎は感冒,痛み止めなどに漢方で利用される。 クグとはカヤツリグサ類の古い名称であるが,ヒメクグに近縁のカヤツリグサ類としては本州の南部から熱帯に分布する,それぞれ別属のイヌクグMariscus sumatrensis (Retz.) T.Koyama(=Cyperus cyperoides (L.) O.Kuntz.),ムツオレガヤツリTorulinium odoratum (L.) S.Hooper(=Cyperus ferax Rich.)や,ヒンジガヤツリLipocarpha microcephala Vahlがある。…

※「クグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クグの関連キーワードプリントモニター書類フォルダー秘密諜報員ジョン・ドレイクサイボクゴールデンポークバックグラウンドプリントスーパーゴールデンポークブロードバンド推進協議会マルクグラーフシャフト僕にまかせてくださいソフトバンクモバイルバックグラウンド印刷フォアグラウンド処理熊本県荒尾市緑ケ丘バックミュージックプリントモニター男鹿水族館GAOフルーツパルフェハマスゲ(浜菅)札幌市円山動物園アリス ヤングブラックマッペ