コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しおくぐ シオクグ

デジタル大辞泉の解説

しお‐くぐ〔しほ‐〕

カヤツリグサ科の多年草海辺湿地に生え、地下茎から長さ約20センチの細い葉を出す。夏、茎を伸ばし、先に穂状雄花を、その下に雌花をつける。葉を編んで細い縄を作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおくぐ

スゲ属の一種。河口の湿地に群生する。葉は線形で長い。春、高さ約50センチメートルの花茎を出し、頂に雄穂を、その下方に雌穂をそれぞれ一、二個つける。葉で、くぐ縄という細い縄を作る。くぐ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しおくぐの関連キーワードカヤツリグサ科