コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサアジサイ Cardiandra alternifolia Sieb.et Zucc.

2件 の用語解説(クサアジサイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クサアジサイ【Cardiandra alternifolia Sieb.et Zucc.】

山地のやや湿った林床に見られるユキノシタ科多年草で,アジサイ属に近縁な植物である(イラスト)。地上茎はふつう分枝せず,直立し,高さ20~70cm,全体に粗い毛を散生する。互生する葉は柄があり,薄質で,楕円形または披針形,両端はとがり,ふちに鋭い鋸歯がある。7~9月,茎の先に散房花序をつくり,多数の白色または淡紅色の花をつける。花序のまわりには少数の白色から淡紅紫色の花弁状をした3個の萼片よりなる装飾花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサアジサイ
くさあじさい
[学]Cardiandra alternifolia Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の多年草。葉は互生し、柄(え)があり、葉身は薄質で、長楕円(ちょうだえん)形、両端はとがり、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がある。7~9月、茎の先に散房花序をつくり、多数の白色または淡紅色の花をつける。花序の周りには少数の装飾花がある。装飾花は花弁状をした3枚の萼片(がくへん)からなり、白色または淡紅色。両性花は小さく、径6~7ミリメートル、5枚の花弁と、約20本の雄しべ、3本の花柱がある。山地のやや湿った林床にみられ、本州、四国、九州に分布する。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサアジサイの関連キーワード栴檀草雪の下雪の山林床梅空木栗葉蘭火山地溝矢島春之雪廼屋祖柳放駒輝門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサアジサイの関連情報