コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサアジサイ Cardiandra alternifolia Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

クサアジサイ【Cardiandra alternifolia Sieb.et Zucc.】

山地のやや湿った林床に見られるユキノシタ科多年草で,アジサイ属に近縁な植物である(イラスト)。地上茎はふつう分枝せず,直立し,高さ20~70cm,全体に粗い毛を散生する。互生する葉は柄があり,薄質で,楕円形または披針形,両端はとがり,ふちに鋭い鋸歯がある。7~9月,茎の先に散房花序をつくり,多数の白色または淡紅色の花をつける。花序のまわりには少数の白色から淡紅紫色の花弁状をした3個の萼片よりなる装飾花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサアジサイ
くさあじさい
[学]Cardiandra alternifolia Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の多年草。葉は互生し、柄(え)があり、葉身は薄質で、長楕円(ちょうだえん)形、両端はとがり、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がある。7~9月、茎の先に散房花序をつくり、多数の白色または淡紅色の花をつける。花序の周りには少数の装飾花がある。装飾花は花弁状をした3枚の萼片(がくへん)からなり、白色または淡紅色。両性花は小さく、径6~7ミリメートル、5枚の花弁と、約20本の雄しべ、3本の花柱がある。山地のやや湿った林床にみられ、本州、四国、九州に分布する。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クサアジサイの関連情報