コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシャン朝美術 クシャンちょうびじゅつKushan art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシャン朝美術
クシャンちょうびじゅつ
Kushan art

インド,クシャン朝 (50頃~241) 時代の美術。全体としてギリシア・ローマ,イラン,インドの3つの要素の混交がみられるが,地域的には次の3地域に分けられ,それぞれ特色ある様式を生み出した。 (1) バクトリア地方ではギリシア・バクトリア美術の流れをくんだヘレニズム的性格が強い。 (2) ガンダーラではもっぱら仏教と結びつき,仏像や仏伝図を驚異的に展開させた。様式や表現形式にはヘレニズム・ローマ美術の影響が著しい (→ガンダーラ美術 ) 。 (3) マトゥラでは前時代以来の中インドの伝統が顕著で,ガンダーラとは異なる仏像を出現させた (→マトゥラ美術 ) 。ここではジャイナ教美術も栄えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クシャン朝美術の関連キーワードアメリシウムアッタロス朝トリブスアギス[4世]アッタロス[1世]トリブスアギス4世アメリシウムアルダシール1世エウメネス1世

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android