クズウコン

世界大百科事典 第2版の解説

クズウコン【arrowroot】

熱帯アメリカ原産のカンナに似たクズウコン科の多年草(イラスト)。肥大した地下茎からアロールートデンプンとよぶ良質の食用デンプンが採れるため熱帯域で栽植される。 高さ60~180cm,地下に多肉質で円柱状倒卵形の地下茎を生じる。葉は2列に互生し,葉鞘(ようしよう)部は茎を抱き,カンナに似た大型で,卵形あるいは楕円形葉身を出す。葉中から花茎を出し,まばらに分枝し,その先端部に数個ずつの白色の花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクズウコンの言及

【セントビンセントおよびグレナディン諸島】より

…正式名称=セントビンセントおよびグレナディン諸島Saint Vincent and the Grenadines面積=389km2人口(1997)=11万9000人首都=キングズタウンKingstown(日本との時差=-13時間)主要言語=英語通貨=東カリブ・ドルEast Caribbean Dollarカリブ海の東方,小アンティル諸島内のウィンドワード諸島南部に位置する30以上の島々からなる群島国家。…

※「クズウコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クズウコンの関連情報