コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クダマキモドキ Holochlora japonica

2件 の用語解説(クダマキモドキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クダマキモドキ【Holochlora japonica】

直翅目キリギリス科の昆虫(イラスト)。木の葉状のつやつやした前翅をもつ中型のキリギリスの仲間。樹上にすみ,本州以南,台湾,東南アジアに分布する。江戸時代にはクツワムシウマオイなどをさして,その鳴声が,機織のとき紡車を巻く音のようだとして〈クダマキ(管巻)〉といっていたようで,クダマキモドキの名は,それらに似た虫という意である。体長は雄23mm内外,雌30mm内外,前翅長約45mm。翅端までは雌で55mm内外,雄はこれよりやや小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クダマキモドキ
くだまきもどき / 擬管巻
[学]Holochlora japonica

昆虫綱直翅(ちょくし)目キリギリス科に属する昆虫。中形ないし大形の美しいツユムシ類の1種。体形は縦に平たく、全体につやのある緑色で、側面からみると1枚の新鮮な木の葉のようにみえる。体長20~30ミリメートル。翅端まででは42~58ミリメートル。頭部は小さく、複眼も小形。胸部も大きくない。前翅は幅広く、翅端は円い。後翅は半円状であるが、前翅下に畳まれるとその先端はとがり、先端部が前翅端を越えてみえ、その部分は前翅に続く同色の緑色部となる。雄前翅の発音器は小さいので、グルルルと小さく発音する程度である。雄の腹部最後節は台形に近く、後端の中央から深く切れ込んでおり、亜生殖板の後半は側縁に平行するが狭まっており、後端の中央は浅くV字形にへこむ。雌の産卵管は頑丈で短く、鎌(かま)形で上方に反っている。本州以南、東洋の熱帯に広く分布し、成虫は夏季に出現する。
 なお、「クダマキ」の名は、その形が機(はた)織りに使われる管巻(くだまき)に似るところから、江戸時代に一部のキリギリス類にあてられたが、「クダマキモドキ」はこの名からの派生名で、この管巻に似たものという意。一部にサトクダマキモドキとも称されるが、クダマキモドキの和名が正しい。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クダマキモドキの関連キーワード直翅類馬追虫螽蟖草螽蟖轡虫首切螽蟖露虫藪螽蟖ころぎす笹螽蟖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クダマキモドキの関連情報