コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチュク・カイナルジ条約 クチュクカイナルジじょうやく

百科事典マイペディアの解説

クチュク・カイナルジ条約【クチュクカイナルジじょうやく】

キュチュク・カイナルジャ条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチュク・カイナルジ条約
くちゅくかいなるじじょうやく

1774年7月、オスマン帝国ブルガリアの村クチュク・カイナルジKuchuk Kainarji(トルコ読みキュチュク・カイナルジャKk Kaynarca)で、ロシアのエカチェリーナ2世とオスマン帝国のアブデュル・ハミト1世との間で締結された、ロシア・トルコ戦争(1768~74)の講和条約。ロシアはこれによって、アゾフ海東岸地方、ドニエプル河口、クリミア半島東端のケルチとエニカレ、クバンとテレク地区を獲得し、黒海の自由航行権、ダーダネルス、ボスポラス両海峡の出入権と通商特権を得て、南部国境の安全確保と、ロシア商業のための黒海の解放という二つの課題を達成した。ロシアとトルコは、これを第1回として以後1世紀半の間に6回の戦争を繰り返す。[木村英亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクチュク・カイナルジ条約の言及

【キュチュク・カイナルジャ条約】より

…1774年7月21日に現在のブルガリア北東部,ルーマニアとの国境に近い小さな町キュチュク・カイナルジャKüçük Kaynarcaにおいてオスマン帝国とロシアとの間に締結された講和条約。クチュク・カイナルジ条約ともよばれる。ポーランド問題を発端とした1768‐74年の露土戦争はロシアの圧勝に終わり,オスマン帝国側は戦争中に国力を著しく消耗しその弱体化をさらけだした。…

※「クチュク・カイナルジ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クチュク・カイナルジ条約の関連キーワードキュチュク・カイナルジャ条約ボスポラス海峡東欧史(年表)バルカン半島聖地管理問題北オセチア黒海

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android