クピド(英語表記)Cupido

  • 〈ラテン〉Cupido

世界大百科事典 第2版の解説

ローマ神話の恋の神。その名は〈愛欲〉の。英語ではキューピッドCupid。女神ウェヌス(ビーナス)の子で,アモルAmor(〈愛〉の意)とも呼ばれる。もともとローマ人の崇拝の対象としてあった神ではなく,ギリシアエロスラテン語普通名詞をあてたもの。ただしローマ人の眼前にあったエロスは,古いヘシオドス的な大神ではなく,裸体で,肩にをつけ,気まぐれに恋のを放ついたずら好きの幼児というヘレニズム期の詩人や美術家が好んで描いたエロスであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ神話の女神ウェヌス(ビーナス)の息子で、愛欲を象徴する。ラテン語のcupidoは「欲情」を意味し、ギリシアの恋の神エロス(ラテン語訳名アモルAmor=愛)と同一神。英語ではキューピッド。しばしば翼の生えた子供の姿で描かれるが、ローマのウェルギリウスの叙事詩『アエネイス』では、英雄アエネアスへの恋情を芽生えさせるために女王ディドのもとに遣わされたクピドは、英雄の息子アスカニウスの姿であった。またアプレイウスの『黄金のロバ』では、美しい青年の姿で登場し、ウェヌスをしのぐといわれた美女プシケと波瀾(はらん)に満ちた恋に落ちる。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクピドの言及

【エロス】より

…ギリシア神話の愛の神。ラテン語では,アモルAmorあるいはクピドと呼ばれた。ヘシオドスは《神統記》においてエロスを,世界生成の際にカオス(混沌)に続いてガイア(大地)およびタルタロス(深淵)とともに生まれた,神々のなかでも最も美しい神と述べている。…

【キューピー】より

…ローマ神話の恋愛の神クピド(キューピッド)Cupidoをかわいらしい表情のマスコットにつくったもの。頭髪のとがった裸形のベビー人形で背中に羽がある。…

【プシュケー】より

…2世紀のローマの作家アプレイウスの《黄金のろば》に語られる挿話〈クピドとプシュケー〉中の女主人公。その名は古代ギリシア語で〈魂〉の意。…

【盲人】より

… 他方,盲目は無知や無鉄砲,また正道を踏み迷うことの象徴でもあった。その典型が愛の神エロス(クピド=キューピッド)で,目隠しをつけたその姿は,世俗の愛の盲目的な力を表している。運命の女神フォルトゥナや復讐の女神ネメシスが目隠しをしている姿は,気紛れや偶然の象徴である。…

※「クピド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android