コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモマナズナ くもまなずな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモマナズナ
くもまなずな / 雲間薺
[学]Draba nipponica Makino

アブラナ科の多年草。茎は叢生(そうせい)し高さ5~15センチメートル。根際の葉は倒披針(とうひしん)形で先は鈍く、両面に星状毛があり、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がある。茎葉は披針形で鋸歯が2、3ある。花期は6、7月、花弁は白色で先端はへこむ。果実は広線形でややねじれ、果柄は無毛である。本州中部の高山の岩場に生える。トガクシナズナD. Sakuraii Makinoはこれより毛が多く、果柄にも毛があり、中部地方北部の山地に生える。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクモマナズナの言及

【イヌナズナ】より

… イヌナズナ属Drabaはアフリカ南部を除く全世界に分布し,300種近い種類がある。特に北半球の高山や亜寒帯には各地に多くの固有種を産し,日本の高山植物として知られているものには,クモマナズナ,トガクシナズナ,ヤツガタケナズナ,シロウマナズナ,ナンブイヌナズナ,エゾイヌナズナなどがある。小型の草本植物で,小さな花をむらがりつけるので,ロックガーデンなどで観賞用に栽培される種がある。…

※「クモマナズナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クモマナズナの関連キーワード高山植物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android