クライフ(読み)くらいふ(英語表記)Johan Cruyff

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライフ
くらいふ
Johan Cruyff
(1947―2016)

オランダのプロサッカー選手。ヨハン・クライフとよばれる。本名ヘンドリク・ヨハネス・クライフ。4月25日、オランダのヘームステーデに生まれる。ペレ、ベッケンバウアー、マラドーナらとともに20世紀を代表する選手の一人。アヤックス(オランダ)のボールボーイをしていたクライフは、やがてこのクラブをヨーロッパチャンピオンに導く。1971、1972、1973年とヨーロッパ・チャンピオンズ・カップ(現、UEFAチャンピオンズ・リーグ)優勝。センターフォワードでありながら、中盤、ウイングもこなす変幻自在なポジショニング、卓越したボールコントロール、驚異的な加速力をもち、明晰(めいせき)な頭脳と統率力で「トータルフットボール」とよばれた、当時としては革命的な戦術の先頭に立った。1974年ワールドカップ・西ドイツ大会でもクライフのプレーはさえたが、決勝で地元の西ドイツに敗れた。しかしこの年、三度目のヨーロッパ最優秀選手賞(バロンドール)を受賞(1971、1973、1974年)した。現役引退後、アヤックスとFCバルセロナ(スペイン)の監督としても、攻撃的なサッカースタイルをとり続けた。バルセロナではスペインリーグ4連覇、ヨーロッパ・チャンピオンズ・カップ優勝の栄光をもたらした。[西部謙司]
『ミゲルアンヘル・サントス著、松岡義行訳『ヨハン・クライフ』(2000・中央公論新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライフ
Cruyff, Johan

[生]1947.4.25. オランダ,アムステルダム
[没]2016.3.24. スペイン,バルセロナ
オランダのサッカー選手,監督。フルネーム Hendrik Johannes Cruijff。自身の名を冠したドリブルの技「クライフ・ターン」などを駆使した独創的な試合戦術で知られた。各選手が攻守両面で多彩な創造性を発揮するオランダ代表の戦術「トータルフットボール」がヨーロッパのサッカー界を席捲した時代,世界最高の選手の一人に数えられた。10歳のときにアヤックス・アムステルダムのユース部門に入団し,17歳で試合に初出場した。1973年にスペインの FCバルセロナに移籍。主将として,スペインリーグでの優勝 1回(1974)と準優勝 2回(1976,1977)へチームを導いた。オランダ代表の選手としては 19歳でデビュー。1974年の FIFAワールドカップ・ドイツ連邦共和国大会でオランダ代表は準優勝し,クライフは大会最優秀選手 MVPに輝いた。1984年に現役を引退。1987年にアヤックスの,1989年にバルセロナの監督として,それぞれにヨーロピアン・カップ・ウィナーズ・カップ優勝をもたらした。1999年にスポーツマネジメントやスポーツマーケティングを研究,教育するヨハン・クライフ研究所を創設。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クライフの関連情報