コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーニ クラーニ Kranj

2件 の用語解説(クラーニの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラーニ(Kranj)

スロベニア北西部の都市。首都リュブリャーナの北西約20キロメートル、サバ川とコクラ川の合流点に位置する。古くから交通の要衝としてゴレンスカ地方の中心地として栄え、現在は電子工業が盛ん。旧市街には聖カンティアヌス教会、市庁舎などの歴史的建造物が残っている。国民的詩人プレシェーレンの生地。クラニ。クラン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラーニ【Kranj】

スロベニア中北部の都市。人口3万7000(1995)。コクラ川とサバ川の合流点にある。ローマ時代はカルニウムCarniumと称した。7世紀にスロベニア人が定住,1414年から自由都市。古くから交通の要衝として商業が発展する。現在は繊維工業のほか,国内随一の〈イスクラ〉電気製品工場をもつ工業都市となった。アルプスを背景にした町には,詩人プレシェレン博物館,銅像,墓などもあって,独特の文化的雰囲気が漂っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラーニの関連キーワードカルストゴリツィアスロベニアスロベニア語カムニクザプリツェ城スロベンスカ通りツェリェノバゴリツァマリグラード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラーニの関連情報