コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーニ Kranj

デジタル大辞泉の解説

クラーニ(Kranj)

スロベニア北西部の都市。首都リュブリャーナの北西約20キロメートル、サバ川とコクラ川の合流点に位置する。古くから交通の要衝としてゴレンスカ地方の中心地として栄え、現在は電子工業が盛ん。旧市街には聖カンティアヌス教会、市庁舎などの歴史的建造物が残っている。国民的詩人プレシェーレンの生地。クラニ。クラン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クラーニ【Kranj】

スロベニア中北部の都市。人口3万7000(1995)。コクラ川とサバ川の合流点にある。ローマ時代はカルニウムCarniumと称した。7世紀にスロベニア人が定住,1414年から自由都市。古くから交通の要衝として商業が発展する。現在は繊維工業のほか,国内随一の〈イスクラ〉電気製品工場をもつ工業都市となった。アルプスを背景にした町には,詩人プレシェレンの博物館,銅像,墓などもあって,独特の文化的雰囲気が漂っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クラーニの関連キーワードシュマルイェトナ山ヨンネ ヤルヴェラスナックラーニングヒッタヴァイネンバウムバハ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android