コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリサンセマム・ムルチコーレ クリサンセマム・ムルチコーレChrysanthemum multicaule

2件 の用語解説(クリサンセマム・ムルチコーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリサンセマム・ムルチコーレ
クリサンセマム・ムルチコーレ
Chrysanthemum multicaule

キク科の一年草で,アルジェリア原産。流通上はムルチコーレと呼ばれることが多い。へら状でやや多肉質の葉は互生し,平滑で鮮緑色。茎はやや匍匐し,葉腋から 10cm前後のしなやかな花茎を伸ばして,直径 2.5~3cmの鮮黄色の頭状花を単生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリサンセマム・ムルチコーレ
くりさんせまむむるちこーれ
[学]Chrysanthemum multicaule Desf.

キク科の一年草。アルジェリア原産。草丈10~15センチメートル。茎はよく分かれ地をはうように茂り、長いへら状のやや多肉質の葉をつける。4~5月に径約2センチメートルの黄色の頭状花を開く。白色花のノースポール種は近縁のパルドーサムC. pardosumの園芸種で、南ヨーロッパの原産。分げつした茎は立ち性となって叢生(そうせい)し、草丈は15~20センチメートル。花期は4~6月。9月に種を播(ま)き、ムルチコーレはフレームで越冬させるが、パルドーサムは霜よけ程度でよい。[柳 宗民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone