クリサンセマム・ムルチコーレ(英語表記)Chrysanthemum multicaule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリサンセマム・ムルチコーレ
Chrysanthemum multicaule

キク科一年草で,アルジェリア原産。流通上はムルチコーレと呼ばれることが多い。へら状でやや多肉質の葉は互生し,平滑で鮮緑色。茎はやや匍匐し,葉腋から 10cm前後のしなやかな花茎を伸ばして,直径 2.5~3cmの鮮黄色の頭状花を単生する。草丈は 15cm前後。早春から初夏にかけての重要な花苗として流通する。日当りのよい環境を好み,普通秋まきして育てる。クリサンセマム・パルドーサムに比べると多少寒さに弱いが,関東地方以西では霜よけ程度で越冬する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリサンセマム・ムルチコーレ
くりさんせまむむるちこーれ
[学]Chrysanthemum multicaule Desf.

キク科の一年草。アルジェリア原産。草丈10~15センチメートル。茎はよく分かれ地をはうように茂り、長いへら状のやや多肉質の葉をつける。4~5月に径約2センチメートルの黄色の頭状花を開く。白色花のノースポール種は近縁のパルドーサムC. pardosumの園芸種で、南ヨーロッパの原産。分げつした茎は立ち性となって叢生(そうせい)し、草丈は15~20センチメートル。花期は4~6月。9月に種を播(ま)き、ムルチコーレはフレームで越冬させるが、パルドーサムは霜よけ程度でよい。[柳 宗民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android