コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリサンセマム・ムルチコーレ クリサンセマム・ムルチコーレ Chrysanthemum multicaule

2件 の用語解説(クリサンセマム・ムルチコーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリサンセマム・ムルチコーレ
クリサンセマム・ムルチコーレ
Chrysanthemum multicaule

キク科の一年草で,アルジェリア原産。流通上はムルチコーレと呼ばれることが多い。へら状でやや多肉質の葉は互生し,平滑で鮮緑色。茎はやや匍匐し,葉腋から 10cm前後のしなやかな花茎を伸ばして,直径 2.5~3cmの鮮黄色の頭状花を単生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリサンセマム・ムルチコーレ
くりさんせまむむるちこーれ
[学]Chrysanthemum multicaule Desf.

キク科の一年草。アルジェリア原産。草丈10~15センチメートル。茎はよく分かれ地をはうように茂り、長いへら状のやや多肉質の葉をつける。4~5月に径約2センチメートルの黄色の頭状花を開く。白色花のノースポール種は近縁のパルドーサムC. pardosumの園芸種で、南ヨーロッパの原産。分げつした茎は立ち性となって叢生(そうせい)し、草丈は15~20センチメートル。花期は4~6月。9月に種を播(ま)き、ムルチコーレはフレームで越冬させるが、パルドーサムは霜よけ程度でよい。[柳 宗民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリサンセマム・ムルチコーレの関連キーワードアルジェリアアゲラタム錦鶏菊セルリアク大薊黄花コスモス姫向日葵アルジェの戦いムギワラギクカイザイク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone