コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリビ クリビ Kribi

4件 の用語解説(クリビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリビ
クリビ
Kribi

カメルーン南西部の港町。ヤウンデ南西約 210km,ギニア湾にのぞむ。原木をはじめカカオコーヒーの輸出港。国内航空の寄航地。海岸は美しく,南部にはカンポ自然保護区がある。人口1万 8973 (1987推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クリビ(kulibit)

クリビッ

クリビ(Kribi)

カメルーン南西部、ギニア湾に面する港湾都市ドイツ領時代に建設。海岸保養地として知られるほか、アフリカゾウ、ゴリラチンパンジーなどが生息するカンポ動物保護区がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリビ
くりび
Kribi

アフリカ中部、カメルーン南部の大西洋岸にある港町。人口4万8800(2001推計)、7万9858(2010推計)。周辺はココヤシの木が点在する明媚(めいび)な海岸で、「カメルーンの真珠」とよばれ、海水浴、マリンスポーツでにぎわう観光保養地である。毎年クリスマス前後にはヨーロッパからも観光客が訪れ、ホテルがこみ合う。南郊に、海岸に直接かかるロベ滝があり、背後の熱帯降雨林にはゾウ、ゴリラ、チンパンジー、マンドリルなどが生息するカンポ動物保護区がある。港は木材、カカオの輸出港であるとともに、地元漁民の漁港でもある。南方沖合いにチャド―カメルーン原油パイプラインの海上ターミナルが二つ浮かんでいる。[門村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリビの関連キーワードエデアンガウンデレカメルーンカメルーン山バメンダブエアパロスカメルーン火山列リンベバルーチ語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリビの関連情報