コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルタナガラ Kertanagara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルタナガラ
Kertanagara

[生]?
[没]1292
ジャワ,シンガサリ朝第5代で最後の王 (在位 1268~92) 。元朝のフビライ・ハンの朝貢勧告を退け,元軍の来襲にそなえたが,クディリ地方の領主ジャヤカトワンの反乱に敗れて死去。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クルタナガラ【Kertanagara】

?‐1292
インドネシア,ジャワ東部のシンガサリ王国第5代かつ最後の王。在位1268‐92年。彼の治世中シンガサリの国威は大いに振るい,ジャワ島の大部分を領し,スマトラ南部のスリウィジャヤに遠征して首都を包囲した。さらにマレーの一部,バリにも遠征軍を送り,東はモルッカ諸島,西はマラッカ海峡に及ぶ海上貿易にも進出した。このころ中国本土を征服していた元朝は,シンガサリの入貢をしばしば促したが,クルタナガラ王は1289年に元の使節に侮辱を与えて追い返し,周辺諸国に対し一致して元軍の来襲に備えるべきことを説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクルタナガラの言及

【シンガサリ】より

…暗殺者は即位して第3代トージャヤ王となるが,わずか数ヵ月後に2人の甥に暗殺され,両系統の王族の間では流血が絶えなかった。 この王朝の第5代かつ最後の王クルタナガラは,当時東アジアに急速に勢力を拡大しつつあったモンゴル族の元朝の動向を懸念し,パマラユ(マラユ遠征)と呼ばれる外交戦略を展開した。1275年ごろから始まるこの政策は従来は軍事行動と解されていたが,オランダ人ベルフの説により,現在ではシンガサリ王家が代々信奉するカーラチャクラ派の密教に基づく平和的同盟であったと考えられるようになった。…

※「クルタナガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クルタナガラの関連キーワードラデン・ビジャヤマジャパイト王国シンゴサリ王国マジャパヒト朝マジャパイトビジャヤムラユ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android