クルミガイ(英語表記)Ennucula niponica; nut clam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルミガイ
Ennucula niponica; nut clam

軟体動物門二枚貝綱クルミガイ科。長 2.3cm,殻高 1.6cm,殻幅 1cm。殻はハマグリ形であるが,前後が逆で,殻頂が後方に寄り前背縁のほうが長い。殻表は灰黄色の殻皮をかぶり平滑。内面は強い真珠光沢があり,前後両背縁に沿って小さい歯状突起が並ぶ。軟体は,足の先端が斧形でなく平らであるなど,原始的な形態をもっている。本州から九州までの水深 30~200mの細砂泥底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルミガイ
くるみがい / 胡桃貝
nut clam
[学]Ennucula niponica

軟体動物門二枚貝綱マメグルミガイ科の二枚貝。相模(さがみ)湾から九州近海までの水深30~1000メートルの砂泥底にすむ。殻長23ミリメートル、殻高16ミリメートル、殻幅10ミリメートルぐらい。殻は楕円(だえん)形に近く、殻頂は後方に寄り小さい。殻表はオリーブ色の殻皮をかぶり、内面は真珠光沢がある。(こうばん)には櫛(くし)の歯のような細かい同形同大の歯が並ぶ。殻頂の下には小さいスプーン状の弾帯受けがある。二枚貝類(斧足(おのあし)類)ではあるが、軟体の足は斧形でなく平たい足裏があり、えらは濾過(ろか)機能の未発達な原鰓(げんさい)型であるなど、多くの原始的な特徴をもつ。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例