クレスチン(英語表記)krestin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルノコシカケ科カワラタケの抽出物であり,癌治療に用いられる。 1975年のピシバニールに続いて,76年に発売された。これらの薬剤は発売された最初の免疫療法剤であり,臨床試験の評価が厳密化する以前に認可されている。両者の売上げを合わせると常に1兆円を超すことなどから,社会の関心を引いた抗癌剤だったが,89年 12月,厚生省の中央薬事審議会は,医薬品の再評価の一環として,クレスチン,ピシバニールの効能の一部を削除するとともに,化学療法剤との併用を中心とした適応制限を新たに加えることを答申した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクレスチンの言及

【制癌薬】より

…悪心,嘔吐は一般にみられる。日本では細胞性免疫を活性化する溶連菌製剤,OK‐432(ピシバニール),サルノコシカケ科カワラタケ多糖体PSK(クレスチン)も制癌薬に含まれ,それぞれ化学療法と併用して固形癌の治療に利用されている。一般には免疫療法剤に分類されることが多い。…

※「クレスチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android