コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレスチン クレスチンkrestin

3件 の用語解説(クレスチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレスチン
クレスチン
krestin

サルノコシカケ科カワラタケの抽出物であり,癌治療に用いられる。 1975年のピシバニールに続いて,76年に発売された。これらの薬剤は発売された最初の免疫療法剤であり,臨床試験の評価が厳密化する以前に認可されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クレスチン

 カワラタケの菌糸から得られる抗がん剤糖タンパク質の一つ.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のクレスチンの言及

【制癌薬】より

…悪心,嘔吐は一般にみられる。日本では細胞性免疫を活性化する溶連菌製剤,OK‐432(ピシバニール),サルノコシカケ科カワラタケ多糖体PSK(クレスチン)も制癌薬に含まれ,それぞれ化学療法と併用して固形癌の治療に利用されている。一般には免疫療法剤に分類されることが多い。…

※「クレスチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クレスチンの関連情報