コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロツヤムシ

2件 の用語解説(クロツヤムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロツヤムシ

甲虫目クロツヤムシPassalidaeに属する昆虫の総称,またはその1種。クロツヤムシ科は,いずれもその名のように黒色で光沢がある。英名はsugar beetle,bessbugクワガタムシ科に近縁であるが,触角がひじ状に屈曲せず,先の櫛状部が内方へ巻く。おもに熱帯の森林に生息し約500種が知られる。クロツヤムシAceraius grandisインドマレー半島ボルネオ島,台湾に分布し,体長45mm内外。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロツヤムシ
くろつやむし / 黒艶虫
peg beetlesbess beetles

昆虫綱甲虫目クロツヤムシ科Passalidaeに属する昆虫の総称。熱帯、亜熱帯域に大部分が分布し、一部が温帯域に産し、世界に約500種が知られるが、日本産は1種。体長10~70ミリメートルに達するものがある。ほとんどが名のように黒くて光沢がある。円筒形のものもあるが、長形で平たい種が多い。触角は膝(ひざ)状に折れ曲がらず、巻くことができるので、近縁のクワガタムシ類と異なる。成虫、幼虫とも朽ち木内の同所で原始的な家族生活をし、成虫は幼虫のため材をかみ砕くといわれ、上ばねと腹部背面をこすり合わせて発音する。幼虫も変形した後肢と中肢の根元をこすって発音する。日本産のオニツノクロツヤムシCylindrocaulus patalisは、体長約20ミリメートル、太い円筒形で頭に1対の平たい角(つの)突起をもち、四国と九州の山地帯に産する。なお、第二次世界大戦以前は、台湾産のアセライアス・グランディスAceraius grandis(体長40~45ミリメートルで平たい)にクロツヤムシの名を用いていた。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone