コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロトン酸 クロトンさんcrotonic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロトン酸
クロトンさん
crotonic acid

融点 72℃,沸点 189℃。アセトアルデヒドマロン酸との縮合によって得られる。水に可溶。アンモニア性硝酸銀を還元する。通常クロトン酸といえばこの化合物トランス形を意味する。ほかに異性体としてシス形のイソクロトン酸 (融点 15.5℃,沸点 169℃) がある。トランス形のほうが安定で,シス形を 180℃に熱するとトランス形に変化する。どちらも炭素と炭素の二重結合特有の反応,すなわち付加反応を示し,また酸化されやすい。次の構造をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クロトン酸

 C4H6O2 (mw86.09).

 動物体内ではCoA誘導体がブチリルCoAから生成する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

クロトン酸の関連キーワードクロトンアルデヒド

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android