コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロヒカゲ くろひかげ

2件 の用語解説(クロヒカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロヒカゲ
クロヒカゲ

ヒカゲチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロヒカゲ
くろひかげ / 黒日陰蝶
[学]Lethe diana

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。北海道から九州にかけて分布、種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)およびそれ以南の南西諸島には産しない。外国では朝鮮半島、中国に産し、東アジアの特産種。伊豆諸島御蔵島(みくらじま)に産するものは小形で、はねの形や斑紋(はんもん)に他地区産とは顕著な差異があり、これは別種ミクラクロヒカゲとされることもある。はねの開張は50~60ミリメートル程度。はねは黒褐色、雌は前ばねに淡い白帯を現す。近似種ナミヒカゲ(ヒカゲチョウ)、クロヒカゲモドキとは主として裏面の斑紋で区別される。林地のチョウで草原には発生しない。年数回の発生。幼虫の食草は各種のタケ・ササ類。越冬態は幼虫。
 近縁種のクロヒカゲモドキは、本州、四国、九州に分布、その産地はクロヒカゲよりはるかに局部的である。年1回の発生(7~9月)。成虫は樹液にくる。幼虫の食草はイネ科およびカヤツリグサ科である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロヒカゲの言及

【ヒカゲチョウ(日陰蝶)】より

…ヒカゲチョウ以外に日本には次の3種が産する。 クロヒカゲL.dianaはやや小型で色彩はさらに暗く黒褐色。国内分布はさらに広く,北海道や対馬にも分布する。…

※「クロヒカゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone