コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンダリ Kendari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンダリ
Kendari

インドネシア,スラウェシ (セレベス) 島南東部,トロ湾入口の南岸にある港町。スラウェシトゥンガラ州州都。木材,樹脂,籐などを積出すほか,金の装飾品がつくられる。空軍の重要基地がある。人口4万 1021 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クンダリ(Kendari)

インドネシア中部、スラウェシ島南東部の港湾都市。東南スラウェシ州の州都。湾口が狭いクンダリ湾に面し、大型船は航行できないが天然の良港をもつ。17世紀にオランダ香料貿易の拠点が置かれ、第二次大戦中は日本軍の基地がつくられた。木材、樹脂、籐(とう)などの積出港になっている。ケンダリ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

クンダリの関連キーワードクンダリニーハタ・ヨーガ軍荼利明王シバ派瞑想

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クンダリの関連情報