コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウ

デジタル大辞泉の解説

とう【×籐】

ヤシ科の蔓(つる)植物の総称。葉は長さ1~2メートルあり、羽状複葉は弾力があり強靭(きょうじん)で、籐細工に使用。雌雄異株。主に熱帯アジアやオーストラリア北部に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とう【籐】

ヤシ科のつる性常緑木本。東南アジア・中国南部・台湾などに分布。茎は長く伸び強靭な繊維がある。葉は大形の羽状葉。葉の中軸や茎には鋭いとげがありこれで他物によじのぼる。雌雄異株。果実の外面の鱗片は赤色着色料の原料とする。茎で籐椅子や籐細工を作る。タイワントウ・ロタントウなどがある。ラタン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

籐 (トウ)

学名:Calamus marginatus
植物。ヤシ科のつる性植物,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

籐の関連キーワード塗り籠め籐・塗り篭め籐・塗籠め籐盛り籠・盛り篭・盛籠重籐・滋籐・繁籐小林籐工芸品東南アジア塗り籠め籐茨城籐工芸籠枕・篭枕カルボイ水口細工支那団扇節巻の弓籠バッグ千段巻籐家具二所籐白巻弓村重籐三所籐五所籐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

籐の関連情報