コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンチャーン・クンペーン クンチャーン・クンペーンKhun Chang Khun Phaen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンチャーン・クンペーン
Khun Chang Khun Phaen

タイの物語詩。 16世紀初めのアユタヤ朝時代にタイの地方都市スパンブリーに起った事件に基づいて語り伝えられた物語。原本は散逸し,現在みられるのは 19世紀にバンコク朝のラーマ2世がスントーン・プーら数人の宮廷詩人に命じてセーパー (朗誦) 用に再編させたもので,ラーマ4世の治世に全編完成した。物語の主題は,1人の美しい女ワントーンをめぐる2人の男クンチャーンとクンペーンの恋の葛藤であるが,それまでのタイ文学と違い,登場人物のほとんどが庶民で,当時の一般的タイ人の生活や感情がリアルに描かれている。文体も口語が用いられて誦しやすく,簡単な楽器の伴奏で独唱者によって朗詠され,民衆の愛好するところとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クンチャーン・クンペーンの関連キーワードスントーンプー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android