コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンチャーン・クンペーン Khun Chang Khun Phaen

世界大百科事典 第2版の解説

クンチャーン・クンペーン【Khun Chang Khun Phaen】

タイ古典文学中最もタイ的な作品。16世紀アユタヤ朝の対チエンマイ戦勝を祝って作られた伝承物語を,タイ文学第二黄金時代のラーマ2世時代(1809‐24)に,王命により王自らをはじめクルー・チェーン,スントーンプー,後のラーマ3世など王宮の大詩人たちが全力を傾注して合作した2万行以上に上る大ロマン。拍子木を叩きながら講釈するセーパー形式の韻文で,ラーマ3世時代(1824‐51)に完成した。武芸呪術に長じた眉目秀麗な武人クンペーンと禿頭で容貌醜悪ながら巨富のクンチャーンが,運命にもてあそばれる妖艶な美女ワントーンを奪いあう三角関係を中心に物語は展開する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクンチャーン・クンペーンの言及

【スントーンプー】より

…本名プー。《クンチャーン・クンペーン》の一部,大作《プラアパイマニー》をはじめ多くの旅行詩などがある。ラーマ2世の時クン・スントーンウォーハーンの位をおくられ,ラーマ4世の時66歳で再び召されてプラ・スントーンウォーハーンに叙せられ王の右筆となる。…

※「クンチャーン・クンペーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クンチャーン・クンペーンの関連キーワードスントーン・プー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android