コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーパー対 クーパーツイ

3件 の用語解説(クーパー対の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クーパー‐つい【クーパー対】

超伝導現象を量子力学的に説明することに成功したBCS理論における、逆向きのスピンをもつ2個の電子からなる対(ペア)。2個の電子は重心の周りにゆるい束縛状態にあり、ボース粒子としてふるまう。1956年、米国の物理学者L=N=クーパーが提唱。クーパーペア。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クーパー対【クーパーつい】

超伝導を説明するBCS理論の中心となる考え方。金属電子やフェルミ粒子系で粒子間に引力が働くと必ず粒子が対となってエネルギーの低い束縛状態になるが,この電子対がクーパー対
→関連項目ジョセフソン効果

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

クーパー対【Cooper pair】

極低温領域において,電子のエネルギーがフェルミエネルギー*に近い状態になると,電子どうしがあたかも分子のような対をつくり,ボース‐アインシュタイン統計*に従う粒子(ボース粒子*)として挙動する.このような対をなした電子のことをいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクーパー対の言及

【超伝導】より

…この理論は彼らの頭文字をとってBCS理論と呼ばれるが,超伝導の発見からその解明までに長い時間がかかったのは,この現象がまったく量子力学的であり,いかなる古典的説明も成立しないためである。
[超伝導の担い手]
 一般に電気伝導を担っているのは導体の内部を自由に動き回ることのできる伝導電子であるが,超伝導を担っているのは,伝導電子と格子振動の相互作用の結果生ずる電子の対(クーパー対という)である。いま,1個の電子があると,そのまわりの正電荷をもつ格子点はクーロン力によって少しこの電子に引き寄せられる。…

※「クーパー対」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クーパー対の関連キーワードフォノンランダウ準位量子エレクトロニクス量子化学量子物理学量子素子ギンツブルク‐ランダウの方程式総和則(量子力学)ハイゼンベルク‐パウリの方法ベルの定理(量子力学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone