クーリナの古代遺跡(読み)クーリナのこだいいせき

世界遺産詳解の解説

クーリナのこだいいせき【クーリナの古代遺跡】

1982年に登録された世界遺産(文化遺産)で、リビア東部にある古代ギリシア都市遺跡。クーリナは、紀元前7世紀頃に、ティーラの市民が北アフリカに移住して建設した。やがて、エジプトとカルタゴの間にあるリビア地方の中心都市となり、ギリシア都市との交易で栄え、紀元前5世紀に最盛期を迎えた。その後、次第に没落し、後にはローマ帝国の支配下に入ったが、4世紀の大地震で壊滅的な被害を受けた。地震の後は再建したが、7世紀半ばのアラブ・イスラム軍の侵攻で壊滅した。遺跡からは、クーリナ最古といわれるアポロンの神殿、ゼウスを祀った神殿のほか、アゴラ(広場)、劇場、公衆浴場などが発掘されている。現存する遺跡の多くは、ローマの植民都市となった際に、ローマ建築として再建されている。◇英名はArchaeological Site of Cyrene

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android