コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グィード・ダレッツォ Guido d'Arezzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グィード・ダレッツォ
Guido d'Arezzo

[生]995頃.アレッツォ
[没]1050.5.17. アベラーナ
イタリアの音楽理論家。今日の記譜法が生れる直接の動機となった2線間を3度の音程間隔として構成された記譜法を提唱。また楽譜に書かれた歌を,ヘクサコードにあてはめた6つのシラブル (ウト,レ,ミ,ファ,ソ,ラ) のみで歌わせることにより容易な視唱の方法を発案,のちの階名唱法が生れる基礎をつくった。主著『ミクロロゴス』 Micrologus Guidonis de disciplina artis musicae。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グィード・ダレッツォの関連キーワード音名

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android