コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グッゲンハイム Guggenheim, Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グッゲンハイム
Guggenheim, Daniel

[生]1856.7.9. アメリカ,ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1930.9.28. アメリカ,ニューヨーク,ポートワシントン
アメリカの鉱山業者。 M.グッゲンハイムの子。 1880年代コロラドの銅山開発にあたった父に協力,その後ボリビアスズアラスカの金,ユタの銅,南アフリカダイヤモンドなどの採鉱に手を広げ,活躍した。

グッゲンハイム
Guggenheim, Meyer

[生]1828.2.1. ラングノー
[没]1905.3.15. フロリダ,パームビーチ
アメリカの鉱山業者。 1847年スイスから移住しフィラデルフィアでスイス刺繍輸入業者として成功。 1880年代コロラドの銅山の開発に全財産を投資し,7人の息子特にダニエルを精錬の監督にあたらせた。 1891年トラストを結成しコロラド精錬会社を設立。 1901年アメリカ最大の金属精錬企業であるアメリカ精錬会社の支配権を握り,またアメリカ鉱業の指導権を得た。その一族によってダニエル・フローレンス・グッゲンハイム財団,ダニエル・グッゲンハイム航空学振興財団,グッゲンハイム美術館などが設立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グッゲンハイム【Meyer Guggenheim】

1828‐1905
アメリカの金融資本家。スイスに生まれ,19歳で渡米,靴ひも販売などの後,コーヒー,香辛料その他家庭用品の販売を行い,鉄道債券に投資する。25年間の事業でえた資力を元に,1872年スイスの刺繡品の輸入販売会社を設立,81年にM.グッゲンハイム商会とした。以後銅製錬に精力を集中,88年コロラド州プエブロに最初の製錬所を設立。以後メキシコおよびニュージャージー州に製錬所・精製所を建設して冶金工業に専念し,7人の息子による事業の統括を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グッゲンハイムの関連キーワードコーネル(Joseph Cornel)マンハッタン(アメリカ合衆国)システミック・ペインティングテオドール フォン・カルマンヴァネッサ ビークロフトエミール シューマッハーペギー グッゲンハイムニューヨーク近代美術館E.L. ドクトロオディビッド ナッシュセオドア カルマントーマス クレンズケネス パッチェンロバート フランクオノサト・トシノブサム フランシスアスガー ヨルンカンディンスキーメッツァンジェドルソドゥーロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グッゲンハイムの関連情報