コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラノーラ グラノーラ granola

翻訳|granola

2件 の用語解説(グラノーラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グラノーラ(granola)

シリアルの一。ローストした押し麦ナッツ・ドライフルーツなどを混ぜ、蜂蜜や砂糖で甘みをつけたもの。牛乳などをかけて食べる。グラノラ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラノーラ
ぐらのーら
granola

シリアル食品の一種。エンバクオート麦)やライムギなどに、蜂蜜(はちみつ)やシロップ、食塩などの調味料を加え、加熱または乾燥させた後、ドライフルーツやココナッツ、乾燥野菜、ナッツなどを混ぜたものである。コーンフレークをはじめとするシリアル食品は朝食として一般的に食べられていたが、1991(平成3)年に菓子・食品メーカーのカルビーが発売したドライフルーツ入りのグラノーラが女性を中心に人気を得てヒット商品になり、広く認知されるようになった。また、そのままかじって食べられるように棒状に固めて加工したグラノーラバーも人気がある。
 シリアル食品には食物繊維やミネラル、鉄分など多くの栄養成分が含まれ、コレステロールをほとんど含まないため、健康食品として人気がある。牛乳やヨーグルトをかけるのが一般的な食べ方であるが、サラダや料理のトッピングとしてなど、さまざまな用途に使われるようになっている。2010年(平成22)ごろからは、有機栽培された穀類をベースに、砂糖や添加物を極力使わずに手作りされたシリアルや乾燥素材などを、自由に組み合わせて購入できる専門店が全国的に広がりをみせるなど、米飯やパンに並ぶ新しい主食の一つとして浸透しつつある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラノーラの関連キーワード押麦オーストラリア区押し麦・押麦ピッツェリア平麦マカデミアナッツオーストラリア亜区ノーストリリアセルローストリアセテート押し麦 (crushed oats)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラノーラの関連情報