コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラン・ギニョール グラン・ギニョール Grand Guignol

2件 の用語解説(グラン・ギニョールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラン・ギニョール
グラン・ギニョール
Grand Guignol

殺人や暴行などを扱ったセンセーショナルな芝居。 1890年代から第1次世界大戦前まで流行し,パリ名物となった。この名称は,大衆的な怪奇劇を盛んに上演したパリのグラン・ギニョール劇場 Théâtre du Grand Guignol (1897開場) に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラン・ギニョール
ぐらんぎにょーる
Grand-Guignol

19世紀末から第一次世界大戦前までフランスで流行した怪奇劇。照明やからくりの進歩を利用し、亡霊やグロテスク登場人物の出現、残酷な殺人などを見せ場にして、笑いと色気でつづった大衆劇で、1897年にマックス・モレーがパリのシャプタル街に専門劇場を開き、大人のための見せ物という意味でグラン・ギニョールと名づけた。その座付作者アンドレ・ド・ロルドは恐怖の王とよばれ、エドガー・アラン・ポーの作品などを下敷きに『グードロン博士の方式』や『電話で』をはじめとする六十数編の戯曲を残している。[安堂信也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラン・ギニョールの関連キーワードセンセーショナリズムエモーショナルセンセーショナルセンセーションナショナルコンセンサスナショナルセンター激写コンペンセーション方式モーションセンサーウエーブセンセーション

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラン・ギニョールの関連情報