グリーンタフ変動(読み)グリーンタフへんどう

百科事典マイペディアの解説

グリーンタフ変動【グリーンタフへんどう】

新第三紀初期から現在まで続いている日本列島の地殻運動に対して名づけられたが,その後,鮮新世以後が島弧変動として分離され,グリーンタフ変動は中新世の変動に限られている。初期には沈降と地層の堆積が支配的であったが,後半には褶曲(しゅうきょく)と隆起が著しく,この運動を通じて日本とその付近の弧状列島(島弧)が形成された。東北日本〜フォッサマグナが中心地で,火山活動が激しく,その産物の緑色の火山岩や凝灰岩(グリーンタフ)が象徴的である。
→関連項目秩父山地日本海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のグリーンタフ変動の言及

【グリーンタフ】より

…この地層はグリーンタフとともに強く褶曲し,日本列島で最大の油田,ガス田を形成している。このようなグリーンタフの火山活動にはじまり,厚い地層群の堆積やその褶曲,隆起などを経て現在に至る一連の地殻変動をグリーンタフ変動とよぶことがある。【鎮西 清高】。…

【日本列島】より

…その後,鮮新世から第四紀にかけて,現在の東日本島弧系(千島弧,東北日本弧,七島‐マリアナ弧)と西日本島弧系(西南日本弧,琉球弧)の発達が顕著となる。新生代後期の変動は一括して瑞穂(みずほ)造山ないしグリーンタフ変動とも呼ばれているが,鮮新世以降の過程を島弧変動として,中新世のグリーンタフ変動と段階的に区別する扱いもある。西南日本では,前者は六甲変動として知られている。…

※「グリーンタフ変動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android