グルココルチコイド

化学辞典 第2版「グルココルチコイド」の解説

グルココルチコイド
グルココルチコイド
glucocorticoid

糖質コルチコイドともいう.糖代謝を調節するステロイドホルモン総称ACTH刺激によって副じん皮質で合成・分泌されるコルチゾールが代表例.化学合成品としてはデキサメタゾンプレドニゾロンがある.標的細胞内にあるグルココルチコイド受容体に結合し,核に移行して,糖代謝に関与する遺伝子の発現を調節する.臨床的には抗炎症ステロイド剤として用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グルココルチコイド」の解説

グルココルチコイド
glucocorticoid

糖質コルチコイド副腎皮質ホルモンのうち特に炭水化物代謝に関与するステロイドホルモンの一群。おもなものは,天然品としてはハイドロコーチゾン,合成品としてはプレドニゾロンなどがある。糖新生の促進や血糖上昇などの作用があり,また,抗炎症作用がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「グルココルチコイド」の解説

グルココルチコイド

 糖質コルチコイドともいう.副腎が合成するステロイドホルモンの一グループの総称で,糖新生を促進したり炎症を抑えたりする作用が強い.コルチゾール,コルチコステロンなどが代表的.手術などで血中濃度が上昇する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のグルココルチコイドの言及

【副腎皮質ホルモン】より

…副腎皮質から生成・分泌されるステロイドホルモンの総称で,同じ作用をもつ合成物質を含めてコルチコイドcorticoidまたはコルチコステロイドcorticosteroidともいう。副腎皮質ホルモンには,糖質コルチコイド(グルココルチコイドglucocorticoid)であるコルチゾール,コルチゾン,鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイドmineralocorticoid)であるアルドステロン,副腎性アンドロゲンであるデヒドロエピアンドロステロン,アンドロステンジオンなどがある。コルチゾール,コルチゾンは,肝臓におけるタンパク質からの糖新生を促進するほか,抗炎症・抗アレルギー作用などを示す。…

※「グルココルチコイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android