グルコン酸(読み)グルコンさん(英語表記)gluconic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルコースを酸化するとき最初に生成する物質グルコースアルデヒド基カルボキシル基となったもの。化学式 C6H12O7 。D体,L体,DL体が知られているが,D-グルコン酸が最も重要である。D体は一般にD-グルコースか,D-グルコースから形成される物質の酸化によって生成する。D-グルコース水溶液の臭素水による酸化または電解酸化あるいは発酵によってつくられる。酸味をもつ結晶融点 130~132℃。D-グルコースと同様変旋光を示す。カルシウムなどを摂取されやすい化合物に変える目的で,これらの塩は医薬として用いられる。糖代謝の中間体として,6-リン酸エステルの形で生体内に広く分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android