コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルコン酸 グルコンさんgluconic acid

2件 の用語解説(グルコン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルコン酸
グルコンさん
gluconic acid

グルコースを酸化するとき最初に生成する物質。グルコースのアルデヒド基カルボキシル基となったもの。化学式 C6H12O7 。D体,L体,DL体が知られているが,D-グルコン酸が最も重要である。D体は一般にD-グルコースか,D-グルコースから形成される物質の酸化によって生成する。D-グルコース水溶液の臭素水による酸化または電解酸化あるいは発酵によってつくられる。酸味をもつ結晶。融点 130~132℃。D-グルコースと同様変旋光を示す。カルシウムや鉄などを摂取されやすい化合物に変える目的で,これらの塩は医薬として用いられる。糖代謝の中間体として,6-リン酸エステルの形で生体内に広く分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

グルコン酸

 C6H12O7 (mw196.16).

 融点131℃.D-グルコースの1位(アルデヒド基)が酸化されてカルボン酸となったアルドン酸.グルコースを酸化して得られる軽い酸味のある物質で,グルコノラクトンとともに酸味料,pH調整剤として酒類,食酢,清涼飲料に使用される.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グルコン酸の関連情報