グルタミン酸一ナトリウム(読み)グルタミンさんいちナトリウム

大辞林 第三版の解説

グルタミンさんいちナトリウム【グルタミン酸一ナトリウム】

グルタミン酸のモノナトリウム塩。水に溶けやすい針状結晶。小麦や大豆に含まれるグルテンの加水分解により得られる。1908年、池田菊苗によって昆布のだし汁のうまみの成分であることが解明され、化学調味料の主成分として製造される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android