グレの歌

デジタル大辞泉プラスの解説

グレの歌

オーストリア生まれの作曲家アルノルト・シェーンベルク語り手・独唱・合唱と管弦楽のための作品(1900-11)。原題《Gurrelieder》。初期の代表作の一つ。デンマークの詩人・小説家、イエンス・ヤコブセンの未完の詩に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

グレのうた【グレの歌】

《原題、〈ドイツ〉Gurreliederシェーンベルクの語り手・独唱・合唱および管弦楽のための作品。1900年から1911年にかけて作曲。デンマークの詩人・作家ヤコブセンの未完の小説中の詩に基づく。初期の代表作であり、大規模な編成を要する大作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレの歌の関連情報