コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレの歌

デジタル大辞泉プラスの解説

グレの歌

オーストリア生まれの作曲家アルノルト・シェーンベルク語り手・独唱・合唱と管弦楽のための作品(1900-11)。原題《Gurrelieder》。初期の代表作の一つ。デンマークの詩人・小説家、イエンス・ヤコブセンの未完の詩に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

グレのうた【グレの歌】

《原題、〈ドイツ〉Gurreliederシェーンベルクの語り手・独唱・合唱および管弦楽のための作品。1900年から1911年にかけて作曲。デンマークの詩人・作家ヤコブセンの未完の小説中の詩に基づく。初期の代表作であり、大規模な編成を要する大作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

グレの歌の関連キーワードベン ヘップナーズビン メータ浄められた夜若杉 弘

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレの歌の関連情報