コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・オーストラリア湾 グレートオーストラリアわん

百科事典マイペディアの解説

グレート・オーストラリア湾【グレートオーストラリアわん】

オーストラリア大陸南西岸の幅広い湾。東西966km。大部分は水深200m以内の大陸棚に当たり,インド洋の一部をなす。沿岸良港はない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレート・オーストラリア湾
ぐれーとおーすとらりあわん
Great Australian Bight

オーストラリア大陸南岸、東経123度30分から135度30分(エア半島南端)に至る海域。1627年オランダ人ヌイツが航海し、1802年フリンダーズが調査して命名した。湾内のヌイツ諸島Nuyts Archipelagoは、『ガリバー旅行記』中の小人国の位置のモデルとされる。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グレート・オーストラリア湾の関連キーワード南オーストラリアナラボー平原セドゥナ谷内

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android