コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロージャーの規則 グロージャーのきそくGloger's rule

3件 の用語解説(グロージャーの規則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロージャーの規則
グロージャーのきそく
Gloger's rule

冷涼かつ乾燥した気候下にすむ鳥類や哺乳類メラニン色素形成は,温暖かつ湿潤な気候下にすむ同種の場合より低く,明るい色彩を示す傾向があるというもの。特に昆虫類にこの傾向がみられるという。しかし動物界全般にいえる規則ではなく,温暖湿潤条件では背景となる自然環境の色が濃いので保護色の効果をもつとの議論もあり,必ずしも定説とはいえない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グロージャー‐の‐きそく【グロージャーの規則】

同種の恒温動物では、寒冷・乾燥地にすむ個体のほうが温暖・湿潤地にすむものよりも、メラニン色素が少なく明るい色調となる傾向がある現象。一部、昆虫類にも同様の傾向が見られるグロージャーの法則

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

グロージャーの規則【Gloger's rule】

鳥類や哺乳類の場合,同一種や近縁種で乾燥・冷涼気候下で生活するものは,湿潤・温暖な気候下で生活するものよりも,メラニン色素が少なく明るい色調を呈する.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のグロージャーの規則の言及

【小進化】より

…たとえば鳥類や哺乳類では,温暖湿潤な地域にすむものは冷涼乾燥下にすむものよりも体色が濃いという傾向がある。この現象は〈グロージャーの規則Gloger’s rule〉と呼ばれる。また同じく鳥や哺乳類では,冷涼な気候下にすむものは温暖な気候下にすむものよりも体が大きいという傾向もあり,これは,〈ベルクマンの規則Bergmann’s rule〉と呼ばれる。…

※「グロージャーの規則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone