コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロースミス グロースミスGrossmith, George

1件 の用語解説(グロースミスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロースミス
グロースミス
Grossmith, George

[生]1847.12.9. ロンドン
[没]1912.3.1. ケントフォークストン
ピアノを伴奏に寸劇や歌を演じたイギリスの芸人。 1877年以後はギルバート=サリバン・オペラに出演。弟ウォルターとの共著に『名も無き者の日記』 Diary of a Nobody (1892) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グロースミスの関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学リベリア内戦メンデルスゾーン南部三閉伊一揆リベリア杉山英全日本マスターズ陸上競技選手権大会

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone