コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グワーリオール

百科事典マイペディアの解説

グワーリオール

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州北部の都市。小麦,綿花の集散地で,綿,食品加工などの工業が行われる。グワーリオール藩王国の主都として発展,中世の城塞(じょうさい)がある。城壁内に宮殿,寺院が多数あり,岩壁に巨大なジャイナ教彫刻が残されている。111万8000人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グワーリオール【Gwālior】

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州北端にある同名県の県都。かつてはグワーリオール藩王国の主都。人口69万1000(1991)。古代より栄えたヒンドゥー教徒の都市であったが,デリーに北インド支配の拠点を築いたスルタン・シャムスッディーン・イールトゥートゥミシュShamsu’d‐Dīn Iltūtmishにより1232年に征服されて以降,ムスリム勢力の支配地となった。1751年にはマラーター勢力に攻略され,1771年にシンディアShindia家によるグワーリオール藩王国となったが,1804年に東インド会社の支配下に入った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グワーリオールの関連キーワードアフマド・シルヒンディーラクシュミー・バーイーウッジャイングワリオル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android