コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケフィア ケフィア kefir

翻訳|kefir

4件 の用語解説(ケフィアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケフィア(kefir)

ロシアや北欧などで作られる発酵乳の一種。ケフィール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ケフィア

 アルコール発酵乳の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ケフィア【kefir】


コーカサス地方で生まれ、ロシアや北欧などで作られる発酵乳。牛、やぎ、羊などの乳に、ケフィアグレインと呼ばれる、複数の乳酸菌や酵母などからなる種菌のかたまりを加え、室温で発酵させたもの。ヨーグルトに似ているが、ヨーグルトが乳酸菌のみで発酵させるのに対し、ケフィアは種菌に酵母も含まれており、酵母による発酵で発生する炭酸ガスとわずかなアルコールを含む。乳酒の代表的なもの。◇日本に紹介された際に「ヨーグルトきのこ」とも呼ばれた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケフィア
けふぃあ
kefir

発酵乳の一種。語源はトルコ語のkef(安らかという意)で、カフカス(コーカサス)地方が原産の発酵乳であるが、現在は旧ソ連全域、北欧でもつくられる。乳糖を発酵する酵母と乳酸菌を含むケフィア粒を乳汁に加えると、わずかなアルコールと炭酸ガス、乳酸を生じ、特有の香味を出す。羊乳、山羊(やぎ)乳、牛乳などからつくり、類似のものに東欧のウルダurda、チリのスクータskutaなどがある。ユーラシア大陸内部で馬乳からつくるクミスkumisはアルコール分がもっとも強く、2~3%に達する。[新沼杏二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケフィアの言及

【発酵乳】より


[アルコール発酵乳]
 乳酸菌と乳糖発酵性酵母を用いて作られる発酵乳で,日本では製造されていない。次のような種類がある(1)ケフィア(ケフィール) カフカス地方で牛乳,やぎ乳,羊乳を原料として作られてきたが,最近は,牛乳や脱脂乳が用いられる。ケフィア粒と称する乳酸菌と酵母の菌体の塊を牛乳に加え,約15℃で1~3日間発酵させると,乳酸とアルコールを含み,わずかに泡立つ爽快な風味をもつ製品となる。…

※「ケフィア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケフィアの関連キーワードコーカサスコーカサス人種高加索コーカサス諸語コーカサス山脈西コーカサス仮面ライダーコーカサスコーカサスの風景コーカサス岩コーカシアン・シープドッグ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケフィアの関連情報