コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケミ川 ケミがわKemijoki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミ川
ケミがわ
Kemijoki

フィンランド北部,ラッピ県の川。ラッピ県の東部,ロシア国境の近くに発して南流,キティネン川,ルイロ川を合流してケミ湖に注ぐ。ここから西流してロバニエミを通り,オウナス川を合流して南下,ケミの西側でボスニア湾に注ぐ。全長 547km。河口には島が多い。重要な材木の切出しルートで,サケの釣り場として有名。水力発電河川としても重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケミ川
けみがわ
Kemijoki

フィンランド領ラップランドのほとんどを流域とする国内最長の川。長さ552キロメートル。最大支流のオウナス川とロバニエミで合流し、ボスニア湾岸のケミまで流下する。木材の流送とサケ漁に利用されてきたが、近年、水力発電の開発が進みつつある。包蔵水力は国内最大である。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケミ川の関連キーワードオネガ湾